葬式について

葬式を執り行う前に実施する通夜

葬式を執り行う前に、通夜を行っているケースも少なくありません。
これは臨終の時に行う看病の延長線という意味合いで行われており、故人が未だ生死の間にいるという認識のもとで進められていきます。
完全に命がなくなったと思わず、遺族にとっては生き返ってほしい願いを込めています。
それ故の通夜ですが、故人が生きている状況と同じ状況で仕えていきます。
そのため食事を出したり、夜通し一緒にそばで過ごしていきます。
本来ならば故人に対して、その日の晩だけ身内のみで通夜を営んでいきます。
可能ならば通夜にふさわしい形となっていますので、厳かに身内のみで過ごすのがベストです。
しかし近年行われている一般的な通夜は、午後6時より開始して読経や焼香が実施されていくケースが多くなっています。
その後で弔問客に対して通夜に関する振る舞いが行われていきます。
仕事を休み参加していく葬式や告別式以上に、通夜は行きやすいというメリットもあります。
夜間に執り行う告別式という感覚で弔問に訪れる人も少なくありません。

sabu用置換

sabu用置換
Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.